黄葉×八王子甲州街道(東京・八王子市) 2022

 

お気に入りの名所から黄葉の美しいスポットをピックアップしています。

 

黄葉といえばイチョウ並木。

今回は八王子 甲州街道のイチョウ並木をご紹介します!

 

日当たりがいい場所はだいぶ色づいてきています(10月29日時点)。

今年は色もきれいそうです💗

 

 

【八王子いちょう並木について】

日本3大並木と言われている八王子の黄金色の並木。

最近ではなかなか見られない景色です。

高尾山からはイチョウ並木が延々と続いた黄色の線がくっきりとのぞめます。

黄金の道は車で走るだけでもワクワクさせてくれます。

 

高尾山からみたイチョウ並木

 

八王子はかつて甲州街道の最大の宿場町として栄えていた街。

甲州街道「追分」交差点から高尾駅にかけて4km、約780本のイチョウ並木がはるか先まで続いています。

このイチョウ並木は大正天皇の御陵造営を記念して昭和4年(1929年)に植えられたもの。

散策するなら見ごろの時期でも、ハラハラ舞い落ちるタイミングでもいいですね。

黄金色の落ち葉で染まる歩道は、この時期の八王子のいつもの風景となっています。

イチョウの落ち葉

 

最近の街路樹にはなかなかありませんが、ギンナンが結構落ちています。

拾っている方も多く、この時期のあるあるみたいです。

 

【八王子いちょう祭り】

11月下旬の土・日には例年「八王子いちょう祭り」が開催されます。

例年50万人ほどの人が訪れる、八王子っ子が待ちに待ったお祭りです。

陵南公園や沿道に模擬店がずらっと並びます。

 

町内会ごとに関所が設けられ、木製の通行手形に焼き印を押してもらうという珍しいスタンプラリーがあります。

いちょう祭りは市民や八王子の大学生が盛り上げる手作りのお祭りですが、規模が大きい!

八王子市には八王子愛が強い方がとても多いなぁと感じます。

市民が一同に集まれるお祭りがあるところにその理由があるのかなと思いました。

 

今年は3年ぶりに開催されます。

11月19日(土)、20日(日)開催!

一日楽しめて、いっぱい歩いて、家族連れには一押しです👍

 

【例年の黄葉の時期】

11月中旬~11月下旬

 

【八王子イチョウ並木へのアクセス】

JR中央線「西八王子」もしくは京王線「高尾山」 すぐ

 

最近は街路樹もイチョウを植えることが少なくなってきています。

だんだん貴重な景色になっていますね。

 

kitto-motto.com